ISSUE

これからのワーキングスタイルを考える

これからの5年間で日本人のワーキングスタイルは大きく変化していきます。
アートディレクター、グラフィックデザイナー、建築家、インダストリアルデザイナー、コーディネーター、フォトグラファー、イベントプランナー、キュレーターなど細分化された職業はその境界線を曖昧なものに変化しようとしています。クリエイティブという大きな枠組みの中で特定の個人が自身で出来ることはやってしまう時代。面白い時代がきますね。それらが揺らぎをもって関わり合い仕事を流していくスタンスは間違いなくこれからの主流となっていくワーキングスタイルだと言えます。私たちはそういった感度をもって未来を見据えていかなければならないなとつくづく今思っています。